PROFILE

Junya Oikawa (b.1983 Sendai, Japan) works internationally, and now lives in Karlsruhe as a guest artist at ZKM.
In pursue for the possibility of digital sound art expression, He reaches out to multiple sound and music fields including installation.

His activities include such as the Transformation (2010, Museum of Contemporary Art Tokyo), Bains Numériques #8 (2014, Journalist Prize, France), Semibreve Festival (2016, Edigma-Semibreve Prize, Portugal), Festival ARD Hörspieltage (2017, ZKM, Germany), Resonanzen (2017, ZKM, Germany), KERNMACHEREI6 - Junya Oikawa (2016,Theater am Ring, Germany), Bains Numériques #9 (2016, France), AKOUSMA 12 (2015, Canada), Live TV-DOMMUNE (2014,11th March, Tokyo), FUTURA (2014, France), REM Festival (2015, Germany), GEMISCHTES DOPPEL - Norbert Möslang + Junya Oikawa (2016, Germany), and he was invited for the lecture at the Maison de la culture du Japon à Paris (2016, France).

He received several commissions from up front projects such as "European Church Music Festival" (2012, Germany), "six memos for the next..." (2013, Magazin4, Austria), the 50th years of the Sunbury Shores Arts and Nature Centre (2014, Canada), 3-D-Konzert mit Junya Oikawa (2015, Fohhn - IOSONO 3D SoundLab, Germany) and Voice Landscape - ta ka ta ka Crickets (2015, Honen-in Temple Kyoto, Japan).

In 2013, he won the Grand Prize of Qwartz Music Awards (France), for the category of experimental/research, one of the most honorable award of electronic music for which famous artists such as Björk and Pierre Henry were also listed as the previous winners for the a Qwartz d'Honneur.


音響空間作家
仙台市出身、ドイツ在住。東京藝術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻修了。
2011年より世界最大のメディア芸術センター「ZKM」の客員芸術家として渡独。録音した自身の声や物音の変容によるサウンドインスタレーション・立体音響のコンサート・インタラクティブ作品など音の芸術に特化した作品を各国の美術館や自然環境、フェスティバルなどで発表している。
主な活動に、東京都現代美術館「トランスフォーメーション」(日本、2010年)、デジタルアートビエンナーレ「Bains Numérique」(フランス、2014/2016年)、「Voice Landscape」(京都法然院 方丈庭園、2015年)、レゾナンス (ZKM|現代美術館、ドイツ、2017/18年)などの展示・コンサートの活動に加えて、森山未來、ヨン・フィリップ・ファウストロムとの共作「SONAR」(横浜赤レンガ倉庫1号館、2018年)、パリ日本文化会館における講演会(フランス、2016年)、VRインスタレーションのサウンドデザイン、VOLVO車のカーオディオ体験音源の提供ならびにスポーツ選手へ身体トレーニングメソッドの提供等の事業に参画。主な受賞歴に「Qwartz Music Awards」実験研究部門 最高賞 (2012年、フランス)、「SEMIBREVE EDIGMA Award」最高賞 (2016年、ポルトガル)、「Bains Numérique」批評家賞 (2014年、フランス)がある。

2019年、ミュンヘンの近現代美術館「デザインミュージアム|ピナコテーク・デア・モデルネ」にて、バウハウス生誕100周年記念事業による委嘱新作の年間展示が予定されている。



© Copyright junya-oikawa.com. All rights reserved
Designed by Digicraft